新型コロナウイルス感染症(COVID-19)現地最新情報まとめ
TOP > メルボルン留学に必要なビザについて

メルボルン留学に必要なビザについてVISA

メルボルン留学のために最適なビザとは?

apprication

ビザとは入国許可証のことです。メルボルン留学で必要なビザには観光ビザ(ビザなし)、ワーキングホリデービザ、学生ビザがあり、留学の期間や目的によって取るべきものが異なります。

こちらでは各ビザの特徴や、留学の目的別のおすすめビザをご紹介します。自分の留学に合わせて、最適なビザを選びましょう!

観光ビザ(ビザなし)とは

australia
短期の語学留学をしたい人や、観光の合間に勉強をしたい人向け

観光ビザは短期の就学や旅行ができるビザです。オーストラリアの場合、日本国民はビザなしで渡航できますが、ETAS(Electronic Travel Authority System)またはETAという渡航許可の申請が必要です。


観光ビザ(ETAS)の概要

有効期間 ビザ発給から12か月、またはパスポートの有効期限まで
滞在可能期間 3か月
できること
  • 就学(最長3か月)
  • 観光
  • ボランティア
費用 20オーストラリアドル(システム利用料)


観光ビザ(ETAS)の申請条件

  • 日本のパスポートを持っている
  • 渡航の目的が観光や親戚・友人の訪問、ビジネスミーティングなど
  • オーストラリアのほかのビザを持っていない
  • 申請時にオーストラリア国外にいる


ETASの申請方法

ETASはオンラインで申請できます。オーストラリア移民局のホームページから申請した場合は、12時間以内に発給される場合がほとんどです。ただし旅行代理店などを通すと、1~3日ほどかかることがあります。



ETASの申請に必要なもの

  • パスポート
  • クレジットカード
  • Eメールアドレス


ETASの申請の流れ

1. オーストラリア移民局のサイトへアクセスし、「Apply for an ETA」から申請画面へ
https://www.eta.homeaffairs.gov.au/ETAS3/etas

2. 個人情報を入力

3. システム使用料の支払い

ワーキングホリデービザとは

ワーキングホリデー
勉強と仕事をしたい・長期にわたって滞在したい人向け

やりたいことを自由に&長期でできるのが魅力のワーホリ。勉強や仕事、レジャーを楽しみながら、1年間も滞在できます。オーストラリアはワーホリが2回の延長できる唯一の国で、最長3年間の滞在が可能です(2021年2月現在)。


ワーキングホリデービザの概要

ワーホリビザには、ファーストビザ、セカンドビザ、サードビザの3種類があります。


有効期間 ビザ発給から12か月
滞在可能期間 入国から12か月(国外から申請した場合)※
できること
  • 就学(各ビザで最長4か月 / 17週間)
  • 就労(1雇用主の元で最長6か月。例外あり)
  • インターンシップ・ボランティア
  • 観光
費用 495オーストラリアドル(2021年7月時点)

※オーストラリア国内からセカンドビザを申請した場合は、最初の入国から2年間、サードビザの場合は最初の入国から3年間です



ワーキングホリデービザの申請条件

ワーホリビザ申請の際は、それぞれのビザで満たすべき条件が違います。特に延長を考えている人は、ファームなどでの季節労働の条件が非常に重要です。いざ申請するときに準備不足とならないよう、しっかり確認をしましょう。


ファーストワーキングホリデービザの申請条件

  • ビザの申請時に18歳以上30歳以下である
  • 今までにワーホリでオーストラリアに渡航したことがない
  • 申請時にオーストラリア国外にいる
  • 生活に十分な資金が証明できる
  • 扶養家族である子どもを伴わない

セカンドワーキングホリデービザの申請条件

  • ビザの申請時に18歳以上30歳以下である
  • ファーストワーホリビザで入国したことがある
  • 国内で申請した場合、発給日まで国内にいる
  • 国外で申請した場合、発給日まで国外にいる
  • 生活に十分な資金が証明できる
  • ファーストワーホリの際に、政府の指定地域で3か月以上の季節労働をしたことが証明できる
  • 扶養の子どもを伴わない

サードワーキングホリデービザの申請条件

  • ビザの申請時に18歳以上30歳以下である
  • ファーストワーホリビザとセカンドワーホリビザで入国したことがある
  • 国内で申請した場合、発給日まで国内にいる
  • 国外で申請した場合、発給日まで国外にいる
  • 生活に十分な資金が証明できる
  • セカンドワーホリの際に、政府の指定地域で6か月以上の季節労働をしたことが証明できる
  • 扶養の子どもを伴わない


ワーキングホリデービザの申請方法

ファーストビザとセカンドビザ、サードビザの全てがオンラインで申請できます。

申請から発行までの日数にはばらつきがあり、早ければ1日、長ければ3か月ほどかかることもあります。ワーホリをすると決めたら、早めの申請が重要です。


ワーキングホリデービザの申請に必要なもの

  • パスポート(有効期限が滞在予定期間を超えるもの)
  • 政府の指定地域で季節労働に従事したことの証明書(Payslip)
    ※セカンドビザ、サードビザの申請の場合
  • 英文の残高証明(オーストラリアドル建て)
  • クレジットカード
  • Eメールアドレス

ワーキングホリデービザの申請の流れ

1. オーストラリア移民局のサイトでImmiAccountを作成
https://online.immi.gov.au/lusc/login

2. ImmiAccountからビザのアプリケーションフォームへアクセスし、ワーホリビザを選択

3. 利用規約の確認・同意

4. 個人情報などを入力

5. 健康や人格、ワーホリ生活、申請内容の正当性などの宣言を入力

6. 必要書類の添付

7. 申請料の支払い

学生ビザとは

students
留学の目的が長期の就学の人向け

学生ビザは、留学期間中にわたり学校に通えるビザです。オーストラリアで長期の語学学校や専門学校、大学などに行く際は、学生ビザを取得する必要があります。


学生ビザの概要

有効期間 ビザで指定されている期間
滞在可能期間 入国後~学校が終了する日+1、2か月
できること
  • フルタイムの就学
  • 就労(2週間で40時間まで)
  • インターンシップ・ボランティア
  • 観光
費用 630オーストラリアドル(2021年7月時点)


学生ビザの申請条件

  • オーストラリア政府が認定したコース(CRICOS)に通う
  • 上記学校の入学許可証(COE)がある
  • OSHC(Overseas Student Health Cover)という留学生用健康保険に加入している
  • 6歳以上である

※場合によっては、以下の条件も満たす必要があります。

  • 健康診断の結果を提示する
    ※特定の健康状態の場合
  • ガーディアンなど児童福祉の手配がされている
    ※18歳未満の場合
  • 扶養家族もビザを所持する
    ※家族とともに渡航する場合

学生ビザの申請に必要なもの

  • パスポート
  • 入学許可書(COE)
  • 英作文(GTE)
  • OSHCの加入証明書
  • クレジットカード
  • Eメールアドレス

※場合によっては、以下の条件も満たす必要があります。

  • 学生ビザ申請用紙(Form 157A)
    ※郵送で申請する場合
  • 健康診断用紙(Form 26)
    ※申請者の健康状態による
  • レントゲン診断用紙(Form 160)
    ※申請者の健康状態による

学生ビザの申請の流れ

1. オーストラリア移民局のサイトでImmiAccountを作成
https://online.immi.gov.au/lusc/login

2. ImmiAccountからビザのアプリケーションフォームへアクセスし、学生ビザを選択

3. 利用規約の確認・同意

4. 個人情報や入学許可書(COE)の情報などを入力

5. GTEやOSHCの情報を入力

6. 健康や人格、学生生活、申請内容の正当性などの宣言を入力

7. 必要書類の添付

8. 申請料の支払い

ビザ申請サポートについて

ビザ申請サポート

弊社では学校や留学プログラムをお申し込みの方に対し、無料でビザ申請をサポートしております。

また航空券のお手配や海外旅行保険のお手続きを含め、留学準備をトータルサポートいたします。メルボルン留学に向けてスムーズかつ安心して準備したい方は、ぜひお問い合わせください!

※ワーキングホリデービザに関しては、ビザ申請のみの有料サポートも受け付けております。


免責事項

ビザの情報は頻繁に変更されます。申請の際はオーストラリアの移民局ホームページなど、国から発信される情報も必ずご確認ください。

また当ページは弊社が独自に作成したものです。最新の情報を掲載しておりますが、法的に効力のある内容ではございません。そのため掲載内容や当ページを参考にビザ申請を行った際のトラブルに関して、当社は一切の責任を負担いたし兼ねる旨をご留意ください。