新型コロナウイルス感染症(COVID-19)現地最新情報まとめ
TOP > オーストラリアの学生ビザ

オーストラリアの学生ビザStudent Visa

オーストラリアの学生ビザとは?

apprication

オーストラリアの語学学校・中学・高校・大学・TAFE・専門学校などへ、3か月以上の就学を希望する場合に申請するビザです。
主に長期の留学を目的としたビザになります。

週20時間までの就労も認められていますので、アルバイトをして学費を稼ぎながら、学校に通うことが出来ます。また学生ビザは、80%以上の出席率をクリアすることが条件となっており、クリアすることで学生ビザの延長申請をすることも可能です。

学生ビザの概要

有効期限
学生ビザの有効期限は、コースの期間終了日から加えて1-2カ月になります。これはケガや事故で予定通りに授業が受けられなかった場合に滞在期間中に支払いを行った分の授業が終了できるようにするための処置です。
コース期間 学生ビザの有効期限
10ヶ月未満 コース終了日から1ヶ月間
10ヶ月以上 コース終了日から2ヶ月間
※コース期間が10カ月間で、コースの終了日が11月・12月の場合は、翌年の3月15日までのビザが発行されます

就学
政府認定校のコースをフルタイム(週20時間以上)で受講しなければなりません。パートタイム・通信制のコースは受講できません。

就労
一般的な学生ビザでは週に20時間までのアルバイトが認めらています。
ただし、サブクラス500ビザ(大学院通学者用学生ビザ)所持者で、マスターコースのリサーチおよび、ドクター(PHD)を勉強している場合には、就労時間の制限はありません。また原則、履修コース開始前の就労は禁止されています。

40時間以上の就労が可能に

2021年5月8日にオーストラリア政府は、現在学生ビザを保持されており、オーストラリア現地に滞在中の学生向けに40時間以上就労が可能になるの就労特例措置を発表しました。詳しくは下記よりご確認下さい。



学生ビザの申請費用

申請費用は2021年7月現在のものになります。料金は変更される場合もありますので、随時ご確認下さい。

申請場所 申請方法 支払い方法 費用
日本国内 eVisa クレジットカードのみ AU$630
オーストラリア国内(1回目) デビット/クレジットカード、PayPal、UnionPay
オーストラリア国内(2回目) AU$630+AU$700
※オーストラリア国内から初めてビザ申請をする場合には追加料金がかかりません。
※クレジットカード支払いの場合、以下のカード会社がご利用できます。 クレジットカードは、本人ではなく親族名義でも利用可能です。
  • MasterCard (デビットマスターカードを含む) – 手数料1.40%
  • VISA(ビザデビットカードを含む) – 手数料1.40%
  • American Express (AMEX) – 手数料1.40%
  • Diners Club – 手数料1.99%
  • JCB – 手数料1.40%

学生ビザの申請条件

  • オーストラリア政府が認定したコース(CRICOS)に通う

    政府認定校のCRICOSコードが振り分けられているコースに入学しなければなりません。同じ学校であっても認可されているコースと認可されていないコースがありますので、事前に確認しましょう。

    上記学校の入学許可証(COE)がある

    COE(Confirmation of Enrolment)とは、オーストラリア政府の登録校が留学生のコース受け入れを認める際に発行する入学許可証です。学生ビザを申請するためには、このCOEが必要となります。

    OSHCに加入している

    OSHC(Overseas Student Health Cover)という留学生用健康保険に加入することが義務付けられています。

    6歳以上である

    申請時に6歳以上でなければなりません。

    Genuine Temporary Entrant(GTE)の条件を満たしている

    GTEとは、オーストラリア留学の目的をまとめた英作文です。オーストラリアでの留学目的、留学中に何を勉強するのか、学んだ内容が帰国した後の将来のキャリアにどのようにつながるのかということを2,000文字以内で記載する必要があります。また、現在何をしているのか、過去の経歴、ご自身や家族の経済状況なども含めるとよいでしょう。近年の学生ビザ申請ではこちらの内容が重視されており、この要件を満たさないと判断された人はビザ申請が却下されることがあります。

  • ※場合によっては、以下の条件も満たす必要があります。

    • 健康診断の結果を提示する
      ※特定の健康状態の場合
    • ガーディアンなど児童福祉の手配がされている
      ※18歳未満の場合
    • 扶養家族もビザを所持する
      ※家族とともに渡航する場合

    メルボルン留学センターでは学校をお申込みのお客様へのビザ申請サポートを無料で行っております。GTEのポイントや添削、アドバイスも行っていますので、初めて学生ビザを申請される方やご不安な方はぜひご利用ください。
    学生ビザサポートのみは行っておりませんのでご了承ください。

    学生ビザの申請に必要なもの

    • パスポート
    • 入学許可書(COE)
    • 英作文(GTE)
    • OSHCの加入証明書
    • クレジットカード
    • Eメールアドレス

    ※場合によっては、以下の条件も満たす必要があります。

    • 学生ビザ申請用紙(Form 157A)
      ※郵送で申請する場合
    • 健康診断用紙(Form 26)
      ※申請者の健康状態による
    • レントゲン診断用紙(Form 160)
      ※申請者の健康状態による

    学生ビザの申請の流れ

    1. オーストラリア移民局のサイトでImmiAccountを作成
    https://online.immi.gov.au/lusc/login

    2. ImmiAccountからビザのアプリケーションフォームへアクセスし、学生ビザを選択

    3. 利用規約の確認・同意

    4. 個人情報や入学許可書(COE)の情報などを入力

    5. GTEやOSHCの情報を入力

    6. 健康や人格、学生生活、申請内容の正当性などの宣言を入力

    7. 必要書類の添付

    8. 申請料の支払い

    学生ビザの申請時期

    apprication

    オーストラリアの学生ビザ申請は「オンライン申請(eVisa)」で行います。 eVisa申請は、アセスメントレベル1(日本国籍の方・韓国籍の方)の方であれば、申請可能です。

    オーストラリア国外
    コース開始日より、4か月(124日)前から受付
    オーストラリア国内
    コース開始日より、3か月(93日)前から受付

    ビザ発給までにかかる時間
    移民局の状況によって異なりますが、ビザ申請からビザ取得までの期間は、国内外での申請先に関わらず4週間程になります。余裕を持って申請しましょう。

    ビザ申請サポートについて

    ビザ申請サポート

    弊社では学校や留学プログラムをお申し込みの方に対し、無料でビザ申請をサポートしております。

    また航空券のお手配や海外旅行保険のお手続きを含め、留学準備をトータルサポートいたします。メルボルン留学に向けてスムーズかつ安心して準備したい方は、ぜひお問い合わせください!

    ※ワーキングホリデービザに関しては、ビザ申請のみの有料サポートも受け付けております。


    免責事項

    ビザの情報は頻繁に変更されます。申請の際はオーストラリアの移民局ホームページなど、国から発信される情報も必ずご確認ください。

    また当ページは弊社が独自に作成したものです。最新の情報を掲載しておりますが、法的に効力のある内容ではございません。そのため掲載内容や当ページを参考にビザ申請を行った際のトラブルに関して、当社は一切の責任を負担いたし兼ねる旨をご留意ください。