新型コロナウイルス感染症(COVID-19)現地最新情報まとめ
TOP > オーストラリア・専門学校の費用【留学の予算・節約方法ガイド】

オーストラリア・専門学校の費用【留学の予算・節約方法ガイド】COST FOR VOCATIONAL SCHOOL

オーストラリア・メルボルンでの専門留学の費用とは?

student

人気の留学先・メルボルンには、キャリアアップや就職に活かせる専門学校が多くあります。しかし専門学校は費用が高いと、留学を迷う人が多いでしょう。

実はメルボルンでの1年間の専門留学は、180万円ほどで可能です。ポイントは適切な学校を選びと節約の工夫。こちらのページで徹底的に解説しますので、専門留学を検討中の人はぜひご覧ください。

メルボルン・専門留学の費用

メルボルンで1年間の専門留学をした場合、お給料での節約を除いた費用は約260~470万円です。

出発前にかかる費用

学費 ※1 90.4~172.4万円
居住費(ホームステイ) ※2 18.9~23.7万円
渡航費(往復) 6~17万円
海外留学保険費 18.3~57.3万円
ビザ申請費 5万円
留学エージェント手数料 0~10万円
その他準備費 11.5~18万円

留学先でかかる費用

家賃・水光熱費(シェアルーム) ※3 49~65万円
生活費 41.6~73.6万円
娯楽費・雑費 14.4~24万円

合計 255.1~466万円


※1:1年間の就学の場合
※2:2ヶ月間ホームステイに滞在、朝・夜食事つきプランの場合
※3:10ヶ月間シェアハウスでルームシェアをする場合




専門留学の出発前にかかる費用

学費

専門留学の学費には幅があり、学校や専攻・修得する学位(資格)によって大きく変わります。学費の内訳は以下の通りです。

授業料 85.2~165.6万円
入学金 1.6~2万円
OSHC費用 3.6~4.8万円
合計 90.4~172.4万円

こちらの授業料はTAFEのものを参考にしており、専門学校の中では比較的低価格です。

見積もりの際は、ほかにも教材費や管理費・サービス費などがかかることを考慮しましょう。特に教材費は、コースによって大きく異なります。また学生ビザの場合、海外留学生保険のOSHCへの加入義務があります。

語学学校での勉強が必要な人もいます。多くの専門学校は、入学条件に中級以上の英語力を設けています。英語力が足りない場合は、専門学校へ行く前に語学学校に通ったり、IELTSなどのテスト対策が必要です。

語学学校と専門学校を合わせた留学は、計画が複雑になりがちです。留学プランを検討中の人は、留学エージェントに相談してみるとよいでしょう。




居住費

長期滞在の場合、生活に慣れるまではホームステイや学生寮を利用するのが一般的です。メルボルンで2ヶ月間ホームステイをする場合、内訳は以下のようになります。

ホームステイ手配料 2~2.5万円
ホームステイ費用 15.6~19.6万円
空港出迎え費用 1.3~1.6万円
合計 18.9~23.7万円

メルボルンのホームステイの費用は、シドニーなどの大都市と同じく1ヶ月10万円程です。

渡航後すぐにシェアハウスに住む場合は、ホステルやゲストハウスに一時滞在をして物件を探します。メルボルンのホステルは、相部屋の場合1泊15~35ドル(1,200~2,800円)が相場です。



渡航費(往復)

渡航時期や航空会社、航路によって大きな差が出ます。

長期留学の場合は、片道のチケットでも入国できます。片道しか買わない場合は、出発前にかかる渡航費を3~8.5万円で見積もっておきましょう。



海外旅行保険費

保険会社や商品によって、価格に非常に大きな差が出ます。保険比較サイトなどで、自分に必要な補償が入っているものを吟味しましょう。




ビザ申請費

専門学校へ行くには学生ビザが必要で、申請費は620オーストラリアドル(※)です。

パスポートが無い人は併せて準備しましょう。費用は5年用が1.1万円、10年用が1.6万円(※)です。

また直近の渡航歴や既往歴に応じて、健康診断やレントゲンが必要な人がいます。費用は2~2.5万円ほどです。

※2021年4月現在



留学エージェント手数料

留学エージェントには、無料と有料の2種類の会社があります。選ぶ際は、自分が必要なサポートをしっかり提供してくれるところを探しましょう。学校の相談は無料のところが多いので、お試しで相談してみるのがおすすめです。



その他準備費用

換金用の資金や、旅行用品の購入費などです。

換金用現金 10~15万円
トラベルグッズや消耗品 1.5~3万円
合計 11.5~18万円

オーストラリアはキャッシュレスが一般的です。現金はほとんど使わないため、それほど大きな額は必要ないでしょう。

消耗品は最低限を準備しましょう。荷物の量を減らすため、基本的には現地で揃えます。




専門留学の留学先でかかる費用

家賃

長期滞在の場合、生活に慣れたらシェアハウスに移り、滞在費を節約します。メルボルンのシェアハウスの家賃は、シドニーなどの大都市と同じで比較的高めです。

家賃を確認する際は、水光熱費やインターネット代が含まれているかも確認しましょう。また入居時に日本の敷金にあたるBondを払うところもあるので、そちらも確認してください。



生活費

生活スタイルによって、費用が大きく変わります。

食費(ホームステイ時) 4.8~6万円
食費(ルームシェア時) 20~40万円
通信費 2.4~4.8万円
交通費 10.8~16.8万円
消耗品 3.6~6万円
合計 41.6~73.6万円

ホームステイ時の食費は、自分で用意する平日のお昼のみを外食にする想定です。シェア時の食費は、3食自炊を想定しています。

通信費は現地でプリペイドSIMを購入する場合の価格で、1ヶ月(28日間)で30~50ドルほどです。

交通費は、日本のsuicaなどにあたるmykiカードで1週間の定期券を買う場合を想定しています。



娯楽費

週末に一度外食をする想定なら、1回につき5,000円ほどで見積もれば十分です。旅行をする計画がある人は、別途旅行費を追加しておきましょう。

専門留学費用を節約するポイント

大きな出費となる項目に注目しましょう。賢く工夫すれば、年間50万円以上の節約が可能です。


留学前の費用の節約ポイント

学費

学費の節約ポイント

専門学校を選ぶ際は、学校が実施するキャンペーンを活用し、入学金無料や授業料の割引などを受けましょう。

語学留学にも行く人は、専門学校に付属または提携する語学学校を選ぶと、トータルの学費が抑えられます。専門学校に進学する際の英語力証明では、IELTSなどのスコアが必要です。そのため通常であれば、一般英語コースの後にテスト対策コースに通うことになります。しかし専門学校付属または提携の語学学校に行けば、進学英語など指定のコースの修了で、入学条件から英語力が免除されます。これにより語学学校での就学期間が短くなるため、トータルの学費が節約できます。

キャンペーン中の学校や付属・提携の語学学校を探す際は、留学エージェントに問い合わせるのがおすすめです。学費が抑えられ、かつスムーズに進学できる学校を紹介してもらいましょう。




食事

居住費の節約ポイント

ホームステイ費用は高いので、生活に慣れたら早めにシェアハウスへ移りましょう。また費用は、一人部屋よりも相部屋の方が安くなります。

食事のプランでも価格に差があり、朝・夜2食付きプランよりも、朝1食のほうが安くなります。ただし自分で用意する食事をすべて外食にしてしまうと、トータルの費用は高くなります。1食のプランは、自炊ができる場合に選択しましょう。


航空券の時期

渡航費の節約ポイント

メルボルン行きの航空券が安いのは6月や10月、高いのは年末年始やゴールデンウィーク、夏休みなど、長期休暇にあたる時期です。また休日出発よりも平日出発、直行便よりも経由便の方がお得です。

留学時期が決まったら、早めにチケットを探しましょう。航空会社では定期的にキャンペーンを実施しており、そのようなチケットは非常にお得です。また早期割引がある航空会社もあります。


保険

海外留学保険費の節約ポイント

保険比較サイトなどで、商品をしっかり見比べてください。内訳に示した通り、簡単に数十万円の差が出るお買い物となります。

また保険は、ネットでの加入がお得です。店舗の商品は人件費など、余計な費用が加算された価格になっています。特に空港の保険カウンターでは、高い商品しか選べません。



留学エージェント

留学エージェント手数料の節約ポイント

自分に必要なサポートを選べるエージェントを探しましょう。サポートがパッケージになっているエージェントもありますが、不要なものも含まれている場合、余計な費用がかかります。

また無料のエージェントの中には、長期の学校の申し込みの場合に学校の入学手続きやビザ申請、航空券・保険の手配など、留学に必要なサポートが一括で無料になる会社があります。この場合は有料よりも、無料のエージェントを利用するのがお得です。

弊社では、弊社を通して4週間以上学校(※1)をお申し込みの方に、ビザ申請や航空券・海外旅行保険のお手配、現地サポート(※2)などを無料で実施しております。

準備から現地生活まで、安心の留学をお届けできる充実のサポートです。専門留学をご検討中の方は、ぜひお問い合わせください!

※1:弊社との提携校を対象としております
※2:一部有料のサポートもございます


渡航先での費用の節約ポイント

家賃

家賃の節約ポイント

シェアハウスは市内よりも郊外の物件のほうが低価格です。学校や職場への交通費を考慮しつつ、郊外の物件に注目してみましょう。

家賃は部屋の種類によっても異なり、一人部屋は高く相部屋やリビングシェアは低めです。部屋の種類には以下のようなものがあり、マスタールームが最も高く、リビングシェアが最も安い傾向にあります。

  • マスタールーム
    バスルーム付きの一人部屋
  • オウンルーム
    バスルーム共有の一人部屋
  • シェアルーム
    バスルーム共有の相部屋。二人部屋をツイン、それ以上はドミトリーという
  • リビングシェア
    バスルーム共有でリビングをシェア

生活費の節約

生活費の節約ポイント

基本は食費の節約です。自炊をするのとしないのとでは月に2倍以上、金額にして2万円以上の差が出ます。年間10万円以上の節約効果あるため、侮れません。

交通費はmykiカードでオフピークに交通機関を利用すると、割引運賃が適用されます。交通機関の利用頻度が多い人は、定期券も検討してみましょう。


為替

為替での節約ポイント

円高の際に留学準備をすると、少ない日本円で学費や居住費が支払えます。換金の際も、円高の方がお得です。

また為替レートに上乗せをしない留学エージェントを利用しましょう。留学エージェントの中には、ドルを日本円に換算する際、レートに上乗せをした金額で計算するところがあります。これは為替の変動に対応するためで、請求金額が本来の金額よりも高くなります。専門留学は就学が長期になるため、少しの上乗せでも学費に大きな差が出ます。エージェントに見積もりを依頼する際は、為替レートについても確認しましょう。

節約できないもの・しない方がいいものについて

費用の中には留学の安全さや快適さを維持するために、節約しすぎないほうがよいものもあります。

格安校

学費

格安校は閉校や倒産など、トラブルが発生する可能性があります、また授業や講師、設備の質が悪く、勉強の環境が整っていない学校もあるため、避けた方がよいでしょう。

学校選びの際は留学エージェントに相談するなどし、リーズナブルかつ信頼できる学校を探すのがポイントです。



保険

海外旅行保険費

OSHCに加入しているとはいえ、日本の海外旅行保険に入らずに渡航するのはおすすめできません。日本の保険は日本語でのサポートやキャッシュレス診療に対応しているほか、航空機の遅延や滞在先での器物損害も補償してくれるので安心です。

またクレジットカード付帯の海外旅行保険に頼るのも危険です。そのような保険には付帯条件があり、万が一の際に使えない可能性があります。また補償内容の確認に時間がかかり、すぐに治療を受けられないケースもあります。



食費

食費

忙しい時まで、自炊にこだわる必要はないでしょう。そのような時は外食やテイクアウトを上手に活用してください。忙しいからと言って食べないのはNGです。健康を損ねて留学を中止するような事態になってしまったら、本末転倒です。

またメルボルンは食の宝庫。美味しいレストランやカフェが目白押しです。せっかくメルボルンに滞在するなら、美味しい料理を楽しんできてください!


コスト

居住費・家賃

リラックスできる環境を重視したい人は、相部屋よりも一人部屋がおすすめです。特に長期の海外生活において、心身を休められる空間は重視したほうがよいでしょう。

ルームメイトと合わないは、多少コストがかかっても新しい物件を探すなど、対策をとりましょう。生活でストレスをためないように、滞在先に投資することは大切です。

メルボルン・専門留学のアルバイト事情

アルバイト

専門留学では、学校やプログラムによっては毎日登校する必要がないのでアルバイトの時間が確保できます。現地での収入は、留学費用の大きな節約となります。特にメルボルンは仕事の見つけやすさや時給の高さが魅力です。勉強とのバランスをみつつ、ぜひチャレンジしてください。


学生ビザの就労条件

14日間で40時間の就労が可能です。また学校の長期休暇中は、就労時間の制限が無くなります。ただし、コースの開始前の就業はできません。


メルボルンの就職事情

ジャパレスやお土産屋さんなど、留学生でも就職しやすいアルバイト先が多く、仕事が見つけやすいです。一方ローカル企業(現地企業)では高い英語力が求められ、採用のハードルが上がります。しかしお給料はジャパレスなどよりも高いです。


お給料の相場

オーストラリアの最低賃金は、法律で19.84ドル(※)と定められています。ただし留学生の仕事先に多いキャッシュジョブ(お給料を現金で手渡しする職場)では、法律を守らないところがあります。そのような職場では、時給が最低賃金を切る傾向にあります。


所得税について

学生ビザの場合、18,200ドル(約150万円)までが非課税(※)です。


お給料の目安

1日4時間で週3日、10ヶ月アルバイトをした際の給与は、約45~80万円です。ただし専門留学は課題や実習などで忙しい時期があるため、想定より働けない可能性があります。

※2021年4月現在

節約&適切な学校選びでメルボルンでの専門留学を実現!

専門留学

メルボルンでの専門留学は、工夫をすれば180万円ほどで実現できます。節約をする際は、以下のポイントに注目しましょう。

  • キャンペーンを活用して学費を節約
  • 語学学校に行く場合は、付属校や提携校へ行って学費を節約
  • ホームステイやシェアハウスでは相部屋に滞在
  • 航空券が安い時期に渡航
  • 海外旅行保険は価格と補償内容を比較
  • 無料かつ為替レートに上乗せをしない留学エージェントを選択
  • 自炊メイン
  • 勉強時間は確保しつつ、アルバイト

特に学費の節約は、費用を抑える最大のポイントです。リーズナブルでもしっかり学べる専門学校や、お得な語学学校を探す際は、留学エージェントに相談してみましょう。

弊社では信頼できる学校のご紹介や、費用を抑えられる留学プランのご提案、最適な渡航時期・おすすめの海外旅行保険のご紹介など、留学費用を節約できるサポートを無料で実施しております。メルボルンでの専門留学をご検討中の方は、ぜひお問い合わせください!