新型コロナウイルス感染症(COVID-19)現地最新情報まとめ
TOP > メルボルンでインターンシップをしよう

メルボルンでインターンシップをしようINTERNSHIP

work

インターンシップとは

海外でのインターンシップは、企業や店舗で研修生として英語環境で仕事をする経験を積める貴重な機会です。オーストラリアのインターンシップには大きく分けて2種類あります。無給インターンシップそして有給インターンシップです。もちろん企業により異なりますが、日本とは違う環境の海外で、実際に英語を使って現地でしか得られないものが身につく貴重な機会です。現地で実際に職業体験ができ業界のノウハウを学ぶことができます。

日本に帰国後のキャリアアップのため、キャリアチェンジのためなど目的は様々です。
日本のインターンシップは「学生」がするものというイメージが強いですが、海外では「自分の能力向上のため」に社会人が他国同業界のインターンシップに参加することが一般的です。

留学で培った英語力やコミュニケーション能力を生かして、インターンシップで実践英語も習得しましょう。

インターンシップのメリット

  • POINT1

    社会人でも挑戦できる

    オーストラリアのインターンシップは日本とは異なり社会人でも留学時に挑戦できます。語学学校や専門学校、大学に通ってから長期に渡りインターンシップに参加することも可能です。学生でも短期~長期まで様々なインターンシッププログラムに参加できます。

  • POINT2

    英語力が自信に繋がる

    語学学校では基礎となる英語力がつきますが、実際に「現場で自ら発信する英語」を使う使うことで身につく英語力の向上は、全く異なります。
    日本人の多くは自ら発信することが苦手な方が多く、消極的になりがちですが、インターンシップの環境ではとにかく実際の仕事の現場で英語でコミュニケーションを取るしかありません。
    そのため、研修と仕事をしているうちに自然と英語に慣れ、どのような場面でも対応できる能力も身に付けることができます。

  • POINT3

    国際豊かな環境で貴重な経験

    日本ではできない経験がオーストラリア・メルボルンではできます。多国籍文化で異文化交流をして習慣や文化の違いを学びましょう。

  • POINT4

    キャリアアップに役立つ

    インターンシップをすることで人材としてアピールできる要素はたくさん増えます。メルボルンで英語取得の他に何を成し遂げたのか、どのような企業先にインターンシップ参加をしたのかなど就職活動での自己アピールに繋がります。

  • POINT5

    正規雇用のチャンスも

    インターンシップに参加する際に、「学ぼうという姿勢」や「仕事で結果を残す」という点は評価の重要なポイントとなります。もしインターンシップ中に企業に高く評価され認められたら、正規雇用さえ夢ではありません。インターンシップ先で結果を残せるよう、まずは基礎となる英語力をしっかりと身に付けましょう。

目的に合わせたインターンシップ選び

work

インターンシップに参加するにあたり、自分の目的に合わせたプログラム選びをしましょう。ホテルインターンシップやオフィスでのインターンシップなど企業によりプログラム内容も様々です。業界よっては高い英語力が求められます。事前にしっかりと計画を立て、キャリアに繋がるインターンシッププログラム選びをしましょう。

無給・有給インターンシップの違い

work

無給インターンシップと有給インターンシップの違いは主に業務内容にあります。無給インターンシップ先はオフィスが多く、アシスタント研修生として業務の一部を任されることになる機会が多いです。
有給インターンシップに参加をすれば、アルバイトのようにお給料が貰えます。

有給インターンシップは、リゾート地でのホテルインターンなどが多くベッドメイキングやルームキーピングなど有給に値する責任のある仕事内容です。有給インターンシップ生として実質雇われているのとあまり変わりのない環境になります。

無給・有給どちらのインターンシッププログラムに参加をしてもメリットになる部分には変わりはありません。

ホテルインターンシップ

work

ホテルインターンシップとは、ホテル業界でホスピタリティーを学びたい方におすすめのプログラムです。各々の英語力によりインターンシップでの仕事内容は異なりますが、受付員、キッチンハンド、ベッドメイキング等があります。受付員は誰もが就きたいポジションではありますが、電話対応やチェックイン、ホテル案内などの説明をする機会が多く英語力を要します。その為、事前に英語力をつけておくことで自分のアピールポイントとなります。

  • 英語レベル
英語レベル中級以上、目安としてはIELTS 5.0以上、ケンブリッジB1以上あることが望ましいです。※企業により異なります。

企業インターンシップ

work

企業インターンシップの所属先は、メルボルンの現地ローカル企業又は日系企業など様々な業界が挙げられます。マーケティング、IT、デザイン会社など英語力が高ければ高い程、インターンシップ先の幅も広がります。日本とオーストラリアでは働き方や仕事に対する考え方などが異なり、社会人を経験された方でも海外経験を得てグローバル進出をしたいと考えている方にもおすすめな企業インターンシップです。

  • 英語レベル
英語レベル中上級以上、目安としてはIELTS 5.5以上、ケンブリッジB2以上あるとことが望ましいです。※企業により異なります。

介護・看護インターンシップ

nurse

介護、看護インターンシップとは、看護師免許を取得後に学校側が提携している就業先に有給インターンシップができるというプログラムです。免許取得までに学校で学んだことを実践する機会になり、現場にてインターンシップを通して貴重な体験をすることができます。

日本で看護や介護の経験がある方はオーストラリアで就労経験をすることでキャリアアップに繋げることができます。

  • 英語レベル
英語レベル上級以上。看護師免許の取得が前提となります。

無給インターンシッププログラムの紹介

  • ILSC

    ILSC Melbourneアイエルエスシー

    参加期間:6週間 (学習期間)+6~12週間インターンシップ参加条件:英語中級以上レベルアイエルエスシーは、質の高い授業に定評があり、2013年度には非常に優秀な語学学校であることを示すSTスターアワードを獲得しました。インターンシップ先は語学力、選択した分野等で異なり、一般英語コース + ソーシャルボランティアインターンシップです。

有給インターンシッププログラムの紹介

  • INUS

    INUSイヌス

    参加期間:8週間 (学習期間)+2~6週間インターンシップ参加条件:初中級以上レベル ※配属先により異なりますイヌスは、一般英語コースにも定評があり、学生の学ぶ意欲を伸ばす環境づくりに努めている学校です。配属先により有給のインターンシップ、無給インターンシップがあります。インターンシップ + 一般英語コースプログラムです。

  • SMEAG

    SMEAG Melbourneエスエムイーエージ―

    参加期間:4 ~ 12週間 (学習期間)+6ヵ月インターンシップ参加条件:IELTS 5.0 以上レベルエスエムイーエージ―は、生徒個々の成長を大切にし、卒業生の満足度95%、生徒からの支持率が高い学校です。ホテルやリゾート施設での有給インターンシップを提供しているためホスピタリティ業界で活躍したい方におすすめなプログラムとなっております。

  • Hotel School

    Hotel School Melbourneホテル・スクール

    参加期間:2 ~ 3年間 (学習期間)+6 ~ 10ヵ月インターンシップ参加条件:コースにより異なります。詳しくはお問合せください。ホテルスクールは、ホスピタリティ分野に特化しているサザンクロス大学とホテルや不動産屋とのパートナーシップにより運営されている専門学校です。一部コースにインターンシップが組み込まれているため、在学中から実践的に学ぶことができます。

メルボルン留学センターサポート案内

メルボルン留学センターでは、学校の紹介からお申込み手続きまでお客様の理想とされる留学プランをサポートいたします!
ご自身で留学計画をされるのは不安・・・という方も弊社にお任せください!
オンライン又は対面にてご対応させていただくことも可能でございます。
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

メルボルン留学センターでは、学校の紹介からお申込み手続きまでお客様の理想とされる留学プランをサポートいたします!ご自身で留学計画をされるのは不安・・・という方も弊社にお任せください!オンライン又は対面にてご対応させていただくことも可能でございます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。